« ストレス | トップページ | 「陽気なギャング」の映像 »

2006.10.31

【夜のピクニック 】

夜のピクニック
夜のピクニック 恩田 陸〔著〕
出版  新潮社(新潮社文庫)
発売日 2006.9
定価 \660 (本体 : \629)
ISBN   4-10-123417-5
bk1で詳しく見る

恩田陸という名前は知っていたが、何となく敬遠していた節がある。食わず嫌いというのかもしれない。
2004年の本屋大賞を取った本書を、なぜもっと早く読まなかったのか、自分でも不思議だ。

晴天というのは不思議なものだ、と学校への坂道を登りながら西脇融は考えた。
と始まっているが、ホームから見上げる空は、まさに「朝から雲一つない文句なしの晴天」なのだ。 往路はもちろんのこと、いつもは電車の中でい眠っている帰路も読みふけり、読了してしまった。
高校最後のイベントに賭けた一つの願い。あの一夜の出来事は、紛れもない「奇跡」だった、とあたしは思う。ノスタルジーの魔術師が贈る、永遠普遍の青春小説。『小説新潮』隔月連載を単行本化。

この融と貴子(あたし)が交互に登場して物語を進めていく。
予想外の人物設定だが、比較的早い段階で二人の関係は知らされる。

あとは、青春真っ盛りの甘酸っぱい色々な思い出を、歩行祭という30時間ほどに凝縮して描いている。
それぞれに個性的な健康な高校生達に、拍手を送りたい。

君たちは明日からもまた、二度と会うことのない人に出会っていく。多くの「一生に一度」を体験していくのだ。


夜のピクニック
平成18年9月5日発行
平成18年9月15日2刷


|

« ストレス | トップページ | 「陽気なギャング」の映像 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/12489959

この記事へのトラックバック一覧です: 【夜のピクニック 】:

« ストレス | トップページ | 「陽気なギャング」の映像 »