« ほぼ日手帳到着 | トップページ | 日本縦断鉄道パズル »

2006.10.21

ミクシィの社長

自分も参加しているミクシィの社長のことが、新聞に掲載されていた。

ネットで居心地よく「人の輪」つなげる
ミクシィ社長
笠原健治さん(30歳)(asahi.com)

若い!
IT起業家の第三世代あるいは「ナナロク」世代と呼ばれるそうだ。

第一世代が、ソフトバンクの孫正義社長たち、第二世代が楽天の三木谷浩史社長たち。そして「ナナロク」と呼ばれるのは、この笠原氏や「はてな」の近藤淳也社長たちが、76年前後に生まれているからだという。

ミクシィは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一つで、9月14日株式上場を果たした。
現在、570万人の会員数は国内最大である。
ちょっと見回しても、「mixiやってます」という人は多い。


笠原氏は、登録時に本人確認をしないので、なりすましなどが可能ではないかとの質問に対して、本人確認については現在検討中としながらも、

現実世界の人間関係に基づいて人との交流を楽しむサービスなので、そんなことをするインセンティブはあまりないでしょう。招待した人やその周囲の人には、その人がだれだかわかっているはずです。
と、述べている。

しかし現在、ネットで頼まれただけの安易な招待によっても入会は可能であり、必ずしも「招待した人やその周囲の人には、その人がだれだかわかっているはず」ということはないという話も聞く。

また、mixi にアップした画像は、そのURLからmixi の外でも画像を見ることが出来るらしいし、個人のトップページもhttpsにはなっていないといった問題もあるようだ。

笠原社長は

世の中を変革していくという部分があってこそ、達成感があると思いますし、売り上げを増やしたり、お金をもうけたりすることだけが大切という考え方のほうが理解できません。
とも言う。

ぜひ、より安全で使いやすい「人の輪」づくりを目指していただきたいものだ。


|

« ほぼ日手帳到着 | トップページ | 日本縦断鉄道パズル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

画像にそんな状況があったのですか。確かにとりあえずログイン機能があるだけみたいな印象はありますね。急速に肥大化しすぎてサービスの質が(あるいはポリシーが)追いついていないような感じですね。
「捨てアカ」なるいわば公共のアカウントもあるようで、閉じた世界という神話はすでに崩壊しているようではありますね。

#「ナナクロ」は「ナナロク」でしょうか?

投稿: ムムリク | 2006.10.22 10:51

ムムリクさん、お早うございます。

その気になれば、どのようなところへも入り込めるのがネットの怖さですね。

∥「ナナクロ」は「ナナロク」でしょうか?

ご指摘、ありがとうございます。
こうした間違いのみならず誤字なども自分で見つけて赤面しながら訂正していることも再々あります。

気がついたら仰有っていただけるのは、非常にありがたいことですね。

投稿: | 2006.10.22 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/12364657

この記事へのトラックバック一覧です: ミクシィの社長:

« ほぼ日手帳到着 | トップページ | 日本縦断鉄道パズル »