« あさのあつこ【バッテリー4】 | トップページ | 若い女性の喫煙 »

2006.11.14

芋たこなんきん:大阪弁

先日の朝刊声の欄で、「芋たこなんきん」の大阪弁についての投稿があった。概ね好意的に書いてある。
関西在住の俳優を使っているからか、大阪弁に違和感がないといった内容である。奄美出身の医者さん一家の大阪弁がうますぎるとも書いておられたが。

朝の連ドラ大阪発でいつも気になっているのが、大阪弁のまずさ。イライラする。共通語圏の人が第一音と第二音が同じ高さの関西弁を使うのは、無理があるのだ。

無理して東京から呼んでこなくても、ドラマは成り立つ。
藤山直美を始め、芸達者を揃えたこのドラマ。夫婦の会話など、大阪弁も堪能していただけるのではないか。


という自分も、実は生粋の関西人ではない。しかし、言語形成期にはもう関西にいたし、京都・大阪・奈良とそれぞれの違いも判る(つもり)。
ぞふぃさんのご要望?もあり、ここでも時々披露するかもしれない。

というわけで?ぞふぃさんの訛りの魔力に、トラックバックさせていただきました。


関連記事
芋たこなんきん(06.10.19)
芋たこなんきん:千客万来(06.11.02)
芋たこなんきん:食べること(06.11.25)


|

« あさのあつこ【バッテリー4】 | トップページ | 若い女性の喫煙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

明日東京で大阪に会いに行ってきますね^^

これ、変な日本語や・・。

逆に関西人の役者がやはり舞台などで、江戸弁をつかったり、落語の言い回しをすると、江戸っ子にとって、非常に違和感があるそうですね。

投稿: 桜桃 | 2006.11.14 23:53

∥逆に関西人の役者がやはり舞台などで、江戸弁をつかったり、落語の言い回しをすると

それはそうでしょうね。あの歯切れの良さは、やっぱり江戸っ子のものでしょう。

上方落語の大阪弁が大好きな 涼でした。

投稿: | 2006.11.15 00:00

涼さん、こんにちは。
拙記事へのTBをどうもありがとうございました。

そう、役者さんにとって方言ってとっても大きな問題ですよね。
うちの夫は会津方面なのですが、
やはり「佐藤慶の会津訛りの右に出るものはいない」と申しておりました。(出身者だからあたりまえなのですが・・・)
その言葉のネイティブさんにはヘタな役者のニセ訛りは我慢できないっての良くわかります。
共通言葉しか使えない私にはなかなか実感できないうらやましい「イライラ感」ですけれど(笑)・・・

投稿: ぞふぃ | 2006.11.15 12:28

ぞふぃさん

∥郡上って郡上八幡の郡上でしょうか?

はい、父母の故郷で、夏休みには行きっぱなしでした。拙記事 「森博嗣「今はもうない」に寄せて」は、ここを訪ねた時のものです。
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2004/12/post_24.html

言葉っていきものだなと思います。そしてお国言葉で話すときが、一番その人らしさが出るのかもしれませんね。

投稿: | 2006.11.15 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/12687973

この記事へのトラックバック一覧です: 芋たこなんきん:大阪弁:

« あさのあつこ【バッテリー4】 | トップページ | 若い女性の喫煙 »