« お見舞いのことなど | トップページ | 古田先生 (-_-;) »

2006.11.21

あさのあつこ【バッテリーⅡ】

バッテリー2
あさの あつこ〔著〕
出版  角川書店(角川文庫)
発売日 2004.6
定価 \580 (本体 : \552)
ISBN  4-04-372102-1
bk1で詳しく見る
巧と豪。二人は最高のバッテリーになる夢を抱いて中学へ進学した。徹底した生徒指導を推し進める野球部監督・戸村の圧力に対し、巧は豪や仲間の信頼を支えにマウンドに立つ。自分自身であり続けるための挑戦をリアルに描く。

中学へ進学してからの、やや辛い時期。それは指導者戸村にとっても同様だった。
日常的ではないと思うものの、部活動の中に潜む闇の部分。あり得ないことではないと思われるだけに、暗い気持ちにさせられる。
本当の圧力とはなにか?

シリーズのⅣから読み始めてⅠを読んだあとでは、読後感はあまりよくない。
しかしそれでも、キャプテンである三年生、観音寺がいい。大人だ。
弟青波の感性は、どこから来るのだろう?


関連記事
あさのあつこ【バッテリー】(06.11.17)
あさのあつこ【バッテリーⅣ】(06.11.14)


バッテリー2

|

« お見舞いのことなど | トップページ | 古田先生 (-_-;) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/12769346

この記事へのトラックバック一覧です: あさのあつこ【バッテリーⅡ】:

« お見舞いのことなど | トップページ | 古田先生 (-_-;) »