« 【向田邦子を旅する】 | トップページ | 芋たこなんきん:大阪弁 »

2006.11.14

あさのあつこ【バッテリー4】

バッテリーⅣ
あさの あつこ〔著〕
出版  角川書店(角川文庫)
発売日 2005.12
定価 \500 (本体 : \476)
ISBN  4-04-372104-8
bk1で詳しく見る
自分の限界の先を見てみたい。ここまでだと自分の力を見切った、その先に行ってみたい、超えてみたい。あきらめて、誰かが敷いてくれた安全な道を行くのではなく、誰も知らない未来に自分を導いてみたい。シリーズ第4弾。

朝日新聞の書評欄でこのバッテリーというシリーズものがあることを知って、面白そうだとは思っていた。
手に取ってみて、これが第4巻目であることを知った。
しかし、違和感は全くない。1から3までの概要をみると小学生時代からバッテリーを組んで中学へ進学してきた巧達が主人公だとは判る。
だが、本書だけで独立した野球小説と捉えることも出来る。


さて本書である。主人公はたった13歳。中学一年生。まさにお子さま。その彼らが、一丁前に悩み傷つき、切磋琢磨しながら技術を磨いていく。

オトムライこと監督の数学教師戸村が、三年生の元キャプテン観音寺に言う言葉。

観音寺、あまり調子に乗るな。おまえらガキが幾らがんばっても、引っかぶれる責任なんて、たいしたことないんだ。十五、六のお子さまができることなんか、知れとるんじゃで。そこまでわかって大口を叩け。ばかもんが。

生意気でいい。傲慢でいい。しかし限界を知ることもまた、人生経験だ。

ただ、中学生にしては少々出来すぎの感があるのが気になった。巧の弟青波 が門脇を「おじさん」と呼ぶのも無理がないか。この青波は少し幼く描いてあるのかもしれないが、それはシリーズを通して読めばあきらかになるのだろうか。

こうした本は、コミックになっても映像になっても、違和感は少ないのかもしれない。


書評
バッテリー [著]あさのあつこ(朝日新聞書評欄060820)

11日付で、こういう記事もあった。


関連記事
あさのあつこ【バッテリー】(06.11.17)


バッテリー4
平成17年12月25日初版発行
平成18年2月25日4版発行


|

« 【向田邦子を旅する】 | トップページ | 芋たこなんきん:大阪弁 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/12611540

この記事へのトラックバック一覧です: あさのあつこ【バッテリー4】:

« 【向田邦子を旅する】 | トップページ | 芋たこなんきん:大阪弁 »