« のだめカンタービレ | トップページ | 通過点 »

2006.12.31

渡邉美樹【夢に日付を!】

渡邉美樹の夢に日付を!~夢実現の手帳~
渡邉 美樹〔著〕
出版  あさ出版
発売日 2005.10
定価 \1,470 (本体 : \1,400)
ISBN  4-86063-124-
bk1で詳しく見る
夢に日付を入れて、夢と現実の差を明確にしてその差を日数で割り、日々やるべき事をやり抜く。この方法で夢を実現してきた自らのノウハウを、手帳というツールを使い実践的に伝授する。

著者のいわゆる手帳術については、これまでもいろいろな形で拝見していたし、今さらという気もしないではないが、今回はただ一つの言葉を実際に見てみたかった。

それは、
(1)重要で緊急を要すること、
(2)重要だが緊急を要しないこと、
(3)重要ではないが緊急なこと、
(4)重要ではなく緊急でもないこと

のうち何が大切かということで、(2)を行う時間の確保について述べられている点。

また、その為には何が必要かを手帳に書くことで、夢を実現させられると説く。
「夢という言葉は嫌いだ」といったようなことを松坂大輔が話していたような気がするが、彼の場合夢とは叶えられないもの、だが自分は叶えようとしたといった意味だったか。それは、渡邊氏の言われる「夢」と同義語になるのだ。

当たり前だが一番興味深かったのが、健康は手段であって目的ではないということ。ともすれば「健康であること」そのものが目的化しがちだが、健康であることで夢を実現できるのだということ。それはお金も同様だ。
健康という言葉の意味の捉え方は色々あろう。文字通り身体頑健であることだけでなく、自分の身体の状態とうまくつきあっていくこともある意味健康なのだと思う。

ただ手帳の使い方で、終わったことを赤く塗りつぶすのはあまり好きでない。かくいう自分も整然ときれいに手帳にかいているわけではないが、済んだページがまっ赤っかになっているのは、あまり美しく感じないのだ。


渡邉美樹の夢に日付を!
2005年10月29日第1刷発行
2006年11月2日第16刷発行


|

« のだめカンタービレ | トップページ | 通過点 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/13273059

この記事へのトラックバック一覧です: 渡邉美樹【夢に日付を!】:

« のだめカンタービレ | トップページ | 通過点 »