« 冨士山 | トップページ | 高里椎奈【のだめカンタービレ】 »

2007.01.02

【ショップで見つけたとっておきの文房具】

ショップで見つけたとっておきの文房具26ショップのスペシャルアイテム260点
ヒトリシャ〔編〕
出版  ロコモーションパブリッシング
発売日 2007.1
定価 \1,575 (本体 : \1,500)
ISBN  4-86212-051-2
bk1で詳しく見る
かわいい! ぜったい欲しい! 機能的なデザインにノックアウト。これ持ってたらモテるかも…? 老舗からセレクトショップまで、26ショップのスタッフが選んだ、ひとり占めしたくなる260点の文房具を紹介。

26のお店が、10点ずつ推奨品を並べている。
四つのジャンルに分けてあって、最初が「文房具の老舗で宝物を探す」。勿論筆頭は銀座の伊東屋だ。三宮のナガサワ文具センターもある。鳩居堂は、なぜか京都の本店ではなく東京鳩居堂だ。

次が、「やっぱり楽しいセレクトショップ」で、ここで信頼文具舗も取材を受けていらっしゃる。FLANAGANもある。
そして「ユニークショップの厳選アイテムを拝見」では、無印良品も選ばれている。

最後が、「デザインアイテムや雑貨に囲まれて」と題してちょっと変わった文房具の紹介。

付録として「文房具を10倍楽しむための5か条」なるものまで掲載されている。それによると
1. 指さし確認、忘れずに。レジまわり&棚の上下はよーく見てみよう。
2. 一期一会の文房具。使い道がなくても、時には買ってしまおう。
などと書かれると、買うことに拍車がかかってしまう。
3. これは何でできている?素材に注目しよう。
4. 恥ずかしがらず、お店の人と話をしてみよう。
してみたい!
5. 情報は天下の回りもの。気に入ったお店は、人に紹介しよう。
はい、ここ(ブログ)に書きます。

今年、この中の幾つのお店と出会うことが出来るだろうか。まずは心斎橋へ、ゴー!


ショップで見つけたとっておきの文房具
2007年1月4日第1刷発行


|

« 冨士山 | トップページ | 高里椎奈【のだめカンタービレ】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
6.知らないお店にも入ってみよう。 はなかったでしょうか?100円ショップも意外な品揃えだったりしますよ。品質や精度的にはやや甘い。耐久度も低い。というような傾向はありますが1000円は出さないと買えないものが、とりあえず100円で売っていたりもします。
買ったことが無い、使ったことがないものを試供品を買うようなつもりで利用するとまた違う楽しさがありますよ。
今年もよろしくお願いします。

投稿: | 2007.01.03 08:00

惑さん

∥6.知らないお店にも入ってみよう。 はなかったでしょうか?

ゴソゴソと本を取り出しました。5か条ですから(あら?本文で間違えてる)六つ目はなかったです。

100円ショップは、あれもこれも買ってきそうで怖いので、なるべく行かないようにしているのです。


投稿: | 2007.01.03 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/13278477

この記事へのトラックバック一覧です: 【ショップで見つけたとっておきの文房具】:

« 冨士山 | トップページ | 高里椎奈【のだめカンタービレ】 »