« 車窓からの風景など | トップページ | 伊坂幸太郎さんと仙台 »

2007.06.27

月命日:惜別の歌

グループでただ一人の男性であったその方と知り合ったのは、22年前自分がその朗読グループに入会した時だった。

その方が、40年間暮らしたこの地を離れて、川向こうへ引っ越しなさる。
今日は、そのお別れ会だった。いえ、「これからもヨロシク」という感謝の集いである。


再会を約した「わかれ」
二度と会えない 理不尽な「別れ」
自らの意志で行う「訣別」

様々な形はあれど、わかれはやはり切ないものである。

前回「影を慕いて」を歌った人は、今回島崎藤村の「惜別の歌」を『またいつか見ん』と歌った。

君が優しき なぐさめも
君が楽しき うた声も
君が心の 琴の音も
またいつか聞かん この別れ


|

« 車窓からの風景など | トップページ | 伊坂幸太郎さんと仙台 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/15553956

この記事へのトラックバック一覧です: 月命日:惜別の歌:

« 車窓からの風景など | トップページ | 伊坂幸太郎さんと仙台 »