« 日曜はダメよ! | トップページ | @niftyメール »

2007.06.04

横山秀夫【影踏み】

影踏み
影踏み 横山 秀夫〔著〕
出版  祥伝社(祥伝社文庫)
発売日 2007.2
定価 \670 (本体 : \638)
ISBN   4-396-33329-3
十五年前のあの日、男は法を捨てた…。一人の女性をめぐり業火に消えた双子の弟。残された兄。三つの魂が絡み合う哀切のハード・サスペンス。

今回の探偵役は泥棒という、ちょっと変わった設定。
「影踏み」とは、自分の影を踏むことだろうか。

双子の弟と一人の女性を争った挙げ句、無惨な結末を迎えてしまった15年前。
その弟の声を聞きつつ、降りかかってくる事件を解決していく連作短編集。これまでにない横山作品で、少々意外だった。
決して悪くはないのだが、ワクワクして一挙に読みたいということもない。

真壁が出所した3月25日に始まって、暑い夏を過ぎ、秋の風を聞き、冬を越し、翌年の3月19日から始まる事件で終わっている。
七つの作品の中では、五番目の「使徒」がよかった。
刑務所に入っているものの代わりに、親類に引き取られた孤児(実際には母親はいる)にプレゼントを届ける話だ。


あくまでもクールな修一が、時間を追うに従ってだんだん情にほだされてくる。その辺りから最後までは、一気に読ませる。

そして最後には、啓二(弟)が真相を語って消えていく。有栖川有栖の「幽霊刑事」を思い起こさせる結末で、切なかった。


影踏み
平成19年2月20日初版第1刷発行
平成19年3月25日第4刷発行


|

« 日曜はダメよ! | トップページ | @niftyメール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/15292400

この記事へのトラックバック一覧です: 横山秀夫【影踏み】:

« 日曜はダメよ! | トップページ | @niftyメール »