« インド式計算ドリル | トップページ | 松本清張【途上】 »

2007.06.16

田辺聖子文学館

田辺聖子文学館オープン「私の夢そのもの」(asahi.com)

母校である樟蔭女子大に完成した田辺聖子文学館。
単に著作を並べてあるという文学館ではなく、書斎を再現したり、大好きなロマンチックな収集品も紹介してある。
その場所が、田辺さんの一番のお気に入りだという。勿論、宝塚歌劇のポスターもある。

田辺さんらしい、かわいらしい雰囲気を持った文学館のようだ。


実は子どもの頃、この近くに住んでいたのです。既に田辺さんは卒業されたあとでしたが、とてもなつかしく思います。住んでいた場所への再訪も兼ねて、訪れてみたいものです。


いつの日か、ここへのオフなんてのもいかがでしょうか? ちなみに、司馬遼太郎記念館も近いのですよ。


|

« インド式計算ドリル | トップページ | 松本清張【途上】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

さっそく場所を調べました。
宝塚観劇と組み合わせるにはちょっと遠そうですね(^^;)。
でも、いつか行ってみたいです。

投稿: Tompei | 2007.06.16 20:09

Tompeiさん、こんばんは。

ごめんなさい、昨日おかしなコメントがついたので、一旦承認制をとったのを忘れていました。
コメントをいただいたのは承知していたのに、今ここを覗くとないので(自分が一番)ビックリしていました。

∥宝塚観劇と組み合わせるにはちょっと遠そうですね

うーん、1時間で行ける距離ですけどね。兵庫県から奈良府県境の方までだから、やっぱり遠いかなぁ。
感激 じゃない 観劇との組み合わせというのは、思いつきませんでした。いいですねぇ。でもそうなると、日帰りは無理ですよ。

この駅からズーッと行くと、桜桃さんちに着きます (^_^)

投稿: | 2007.06.17 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/15445119

この記事へのトラックバック一覧です: 田辺聖子文学館:

« インド式計算ドリル | トップページ | 松本清張【途上】 »