« 河合隼雄さん、逝去 | トップページ | コメントについて »

2007.07.21

乙一【きみにしか聞こえない】

君にしか聞こえない
Kiminisika乙一〔著〕
出版 角川書店(角川スニーカー文庫)
発売日 2001.6
定価 ¥500 (本体 : ¥476)
ISBN  4-04-425302-1


どうやら「角川スニーカー文庫」という中高生向きのシリーズがあって、本書もその一つらしい。
また映画化もされているようだ。

乙一さんの本は、「暗いところで待ち合わせ」しか読んだことがない。日常的にはあり得ないだろう話だが、何となくほのぼのとした読後感を持った。
本屋で偶然見つけた本書は、乙一という名前だけで購入した。中高生向けの本だとは、読み終えて知った。

本書は、3つの短編から成っている。

最初の「Calling You(君にしか聞こえない)」がまぁよかった。
友達が作れない女子高生が、同級生みんなが持っているケータイに憧れている。自分が持つとしたらどんなケータイがいいだろうという空想から、どんどん具体的なイメージが出来上がっていくうちに、そのケータイに実際に電話がかかってくるという話。

その結果、辛い体験をしてしまうのだが、彼女はそれを乗り越えて成長していく。

映画では、公園でおもちゃのケータイを拾うという設定らしいが、頭の中で空想を膨らませていくという本の方が馴染める。

「暗いところで待ち合わせ」もそうだったが、ミステリーとは呼べないものの、そういう要素も少し持っている作品だ。

最後の「華歌」は、登場人物の性別を敢えて間違えるように仕向けているのだろうか?


3編とも、挿絵が少女向きということらしい。
この手の絵は、苦手だ。目が、生きていないのだ。


今月第26版発行とあるが、26刷の間違いではないのか?


きみにしか聞こえない
平成10年6月1日初版発行
平成19年7月10日26版発行


|

« 河合隼雄さん、逝去 | トップページ | コメントについて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/15825648

この記事へのトラックバック一覧です: 乙一【きみにしか聞こえない】:

« 河合隼雄さん、逝去 | トップページ | コメントについて »