« 雑感 | トップページ | きつねのよめいり »

2007.08.01

茨木のり子【倚りかからず】

倚りかからず

Yorikakarazu_2

茨木のり子〔著〕
出版 筑摩書房(ちくま文庫)
発売日 2007.4
定価 ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
ISBN   978-4-480-42323-8

もはや いかなる権威にも倚りかかりたくはない ながく生きて 心底学んだのはそれぐらい…。 静かに激しく紡ぐ、7年ぶりの詩集。書き下ろしを含む15篇を収録。
これは、1999年10月に発行された単行本の紹介文。 本書はそれに、「珠を蹴る人」「草」「行方不明の時間」の三編(全集が編まれたときの書き下ろし)を増補したもの。


この人のように、何かに倚りかからずに生きていきたい。
時折開いては、読んでみよう。


070724color11_3ご近所の庭で見かけた、カラー。
白いものはよく見るが、黄色に出会ったのは久しぶりだった。



倚りかからず
2007年4月10日第1刷発行
2007年5月15日第2刷発行


|

« 雑感 | トップページ | きつねのよめいり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/15974180

この記事へのトラックバック一覧です: 茨木のり子【倚りかからず】:

« 雑感 | トップページ | きつねのよめいり »