« 米朝落語会 | トップページ | 記事フッターに 「戻る」 をつけた »

2007.09.14

HIROと大阪府庁

キムタク主演の映画「HERO」で、「東京地裁」は大阪府庁本館を使っているという。
大正15年(1926年)建築の建物。白い石造りの正面玄関が重厚感を醸し出しているからだとか。

映画ではここが裁判所の玄関と見なされ、「大阪府庁」の文字を隠すように「裁判所」と書かれた看板が掲げられているという。


府庁本館は好きだ。
耐震強度不足から建て替え論議が持ち上がっているが、何とか建物を残せないか。

年に一度か二度しか訪れないが、玄関へのゆるい坂を登っていくと、背筋がピンとする。
中は昼間でも何となく暗い。そういう建物は夏でも涼しいところが多いが、ここはクールビズを徹底しているのか、かなり暑い。


関連記事
府庁近く(07.03.26)


|

« 米朝落語会 | トップページ | 記事フッターに 「戻る」 をつけた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/16447106

この記事へのトラックバック一覧です: HIROと大阪府庁:

« 米朝落語会 | トップページ | 記事フッターに 「戻る」 をつけた »