« マクベイン【キングの身代金】 | トップページ | HIROと大阪府庁 »

2007.09.11

米朝落語会

昨年は米朝師匠不在の「米朝落語会」だったが、今回は無事お顔を拝することが出来た。ただ、足下は少し危なっかしく、ご本人もそのことに触れておられた。
「これが最後かも」といったことも仰有っていたが、よもやま噺と題して「話が始まるといくらでも出てくるとも」ということで、話は断片的ではあっても、やはり笑わせてくださる。

他には
吉坊:煮売屋
すずめ:禍は下
米左:たいこ腹

すずめさんは、はじめて聞いた。つれあいは「もっと若いかと思った」とちょっと不満そうだったが、三林京子さんだとは知らなかったようだ。


トリは、小米朝さん。
「昨日の阪神…」でまず盛り上がらせておいての話は、襲名の話へと進む。ざこばさんの口調や枝雀さんの真似を挟んで、「人間国宝の長男」としての話などで笑わせておいての演目は、「皿屋敷」だった。こちらは「播州皿屋敷」で、「番町皿屋敷」ではない。

小米朝さん、上手にならはったなぁ!


|

« マクベイン【キングの身代金】 | トップページ | HIROと大阪府庁 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/16416839

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝落語会:

« マクベイン【キングの身代金】 | トップページ | HIROと大阪府庁 »