« 昭和タイムズ 39年 | トップページ | 雑記 »

2007.10.20

BUN2 Vol.14

Bun214cover1

この時期になると手帳関連の特集を出す雑誌も多いが、今号のBUN2も「特集・2008年版 手帳活用術」である。
「文具業界人の手帳のなかみ」と「編集部厳選!! おすすめ手帳」だが、正直「これは」というものはない。

しかし、色々な人の手帳術を拝見するのは楽しい。

雑誌ではなくフリーペーパーなので密度の濃い内容は無理なのだろうが、欲をいえばもう少しスペースが欲しかった。

今年の手帳の傾向は、バーチカルとメモ充実タイプだという。

面白いなと思ったのが、学研の「A5ツイン手帳」。上下で別々にページを開くことが出来る。上段には月間の、下段には週間のスケジュールが書き込める。


文具王高畑正幸氏の授業「違いがわかる男の文具講座」は、13時間目に突入。今回は「色鉛筆」だ。
絵心は全くないのに、色鉛筆が好きだ。
幾つか紹介されている中で、サンスターのPANTONEというのが気になる。
世界共通の色チップを元にしていて、色の名前も番号で表している。ただ、ご愛敬というか、それらの色には花言葉のような色の名前とキーワードがついているという。

ここで、フェリシモの500色の色鉛筆を思い出した。長いこと取りだしてないなぁ。


また、色文具のきだてさんの「ダメな文具の楽しみ方」というコラムが面白かった。


|

« 昭和タイムズ 39年 | トップページ | 雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/16818525

この記事へのトラックバック一覧です: BUN2 Vol.14:

« 昭和タイムズ 39年 | トップページ | 雑記 »