« 防雪柵 | トップページ | 月命日:セーター »

2007.10.26

東野圭吾【予知夢】

予知夢

予知夢東野 圭吾〔著〕
出版 文芸春秋(文春文庫)
発売日 2003.3
定価 ¥490 (本体 : ¥467)
ISBN 4-16-711008-3

16歳の少女の部屋に男が侵入した。「君が生まれる前から、僕たちが結ばれることは決まっていた」 それは、男が小学校4年の時に書いた作文だ。タイトルは「僕の夢」…。17年前の夢は、果たして妄想なのか?

探偵ガリレオの続篇。
今回はオカルト的な事件がメインである。オカルトというのは大嫌いなのだが、湯川は言う。

「すごい偶然が起きた場合、それはもしかしたら必然だったのではないかと考えてみるのは、科学の世界では常識なんだ」
ということで、偶然あるいはオカルトと思われた謎が、彼のちょっとしたことも見逃さない慧眼によって解かれていく。

第一章「夢想る(ゆめみる)」が、本書紹介にあるもの。
第三章「騒霊ぐ(さわぐ)」は、失踪した夫の行方を必死で捜す妻の執念が、真相を突き止めたとも言える。
それはまた、ワトソンこと草薙にとっても、新しい運命の出会いであったやもしれぬ。これも、偶然ではなく必然か?
最終部分

「草薙」
湯川は少しためらいを見せた後でいった。
「しっかりな」
草薙は片手を上げ、部屋を出た。
湯川は、決して朴念仁ではないようだ。


第二章「霊視る(みえる)」と第五章「予知る(しる)」には、嫌な女が登場する。
自分勝手でわがまま。こんな女は……


第四章「絞殺る(しめる)」でも、湯川はいいことを言っている。

「でもこれは犯罪だ」
「ルール違反かもしれない。だけど一年という数字にどんな意味があるんだい?」

これ以上書くと、ネタバレになるので、あとは、本書なりドラマでお楽しみ下さい。(草薙とのやりとりを考えても、原作の方がいいと思いますが……)


今回も、湯川の実験の数々が面白かった。

次は「容疑者Xの献身」を読まねば。

東野作品索引

関連記事
東野圭吾【探偵ガリレオ】

予知夢
2003年8月10日第1刷
2007年10月1日第25刷


|

« 防雪柵 | トップページ | 月命日:セーター »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/16872235

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾【予知夢】:

« 防雪柵 | トップページ | 月命日:セーター »