« 稚内駅 | トップページ | 防雪柵 »

2007.10.24

東野圭吾【探偵ガリレオ】

探偵ガリレオ

探偵ガリレオ東野 圭吾〔著〕
出版 文芸春秋(文春文庫)
発売日 2002.2
定価 ¥540 (本体 : ¥514)
ISBN 4-16-711007-5

第一章の「燃える」に続いて「転写る(うつる)」「壊死る(くさる)」「爆ぜる」「離脱る(ぬける)」と続く。

正直、最初の「燃える」ほど面白くなかった。いずれも犯人達の身勝手さに辟易したからだ。
しかし、湯川の科学的解説は興味深く読むことが出来る。

例外は、第四章の「爆ぜる」で、湯川も松田をかばったようなふしがあり、「かれも人なり」という印象を受けたのだ。だが木島教授の

「いかなる理由があるにせよ、エントリーを忘れるような選手は試合に出るべきではない。(中略)学問も、やはり闘いなんです。誰にも甘えてはいけない」
は、正論だろう。
湯川もそのことを解った上での判断だろうから、余計に苦い思いを味わったのだろう。


解説の佐野史郎は、殆どその気(ドラマ化した際の湯川役)になっているように思える。それはそれで面白いかもしれないが、なんとなく頭の中で福山湯川がインプットされてしまったので、ちょっと想像がつかない。


さてドラマ(「燃える」)だが、ビデオ(って言うのかな?)に撮っていた長男の話を聞く限り、まったく違うものに出来上がっているようで、同僚も妹もいない設定だという。
これもかなりガッカリ。

このドラマのキャストで、来秋「容疑者Xの献身」が映画化されるそうだ。


東野作品索引

関連記事
東野圭吾【予知夢】

探偵ガリレオ
2002年2月10日第1刷
2007年4月5日第27刷


|

« 稚内駅 | トップページ | 防雪柵 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/16850154

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾【探偵ガリレオ】:

« 稚内駅 | トップページ | 防雪柵 »