« ギャリコ【トマシーナ】 | トップページ | テキスト文書へのリンク など »

2007.11.12

昭和タイムズ 33年

Swt007

世界の実用車「スーパーカブC100(通称カブ)誕生!
ほぼ50年前だが、発売当時の価格は5万5000円。ホンダの創業者本田宗一郎氏が陣頭指揮を執って開発。世界へ羽ばたいた。
きれいな写真が、掲載されている。


石坂洋次郎の「陽のあたる坂道」が、単行本売り上げの第5位。石原裕次郎で映画にもなって、こちらは第2位。たか子役は、後に裕次郎夫人となる北原三枝だった。

単行本売り上げ第一位と第二位の「人間の条件」や「氷壁」も読んでいる。
映画では、裕次郎ものが三本入っていたんだ。全部見ている。

「陽のあたる坂道」で引用されている三好達治の「乳母車」が好きだった。
『母よ乳母車を押せ』のリフレインが、何とももの悲しい。
(と書いたが、実際には二度だけだ。リンクは別ページで開きます。)


この年はまた、野球でも色々あった。

長嶋茂雄のプロデビュー。大学の先輩である大沢(後の日ハム監督)が薦めた?南海には入らず、何故か巨人に入団している。同期の杉浦はちゃんと南海へ入って活躍していたのに。

「神様・仏様・稲尾様」と言われた稲尾和久は、「西鉄ライオンズ奇跡の日本一」の立役者。巨人相手に三敗したあとの四連勝を導いている。
稲尾も杉浦も、よく投げた。3年連続30勝という記録は、今は作ることが出来ない。

高校野球では、延長18回の熱投引き分け再試合で、坂東英二の徳島商業が優勝している。しかし自分は、相手校魚津の村椿が好きだった。丁寧なピッチングと礼儀正しいその姿勢は、今も語り継がれている。


ロカビリーが流行った年でもあった。


裏表紙の十朱幸代が、かわいい。わーたくしにも、こういう時代があったのですが……(爆)


昭和タイムズ 第7号(33年)(07.11.12)
昭和タイムズ 創刊号(39年)
昭和タイムズ 第2号(45年)
昭和タイムズ 第10号(49年)(07.12.19)


昭和タイムズ 33年
2007年11月27日発行


|

« ギャリコ【トマシーナ】 | トップページ | テキスト文書へのリンク など »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

□だのロシア文字のようなものが見えるのですが・・・。

それでいいのでしょうか??

投稿: 桜桃 | 2007.11.13 15:27

桜桃さん、ご迷惑をおかけしました。

アップし直しています。今度は大丈夫でしょうか。

投稿: | 2007.11.13 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/17057122

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和タイムズ 33年:

« ギャリコ【トマシーナ】 | トップページ | テキスト文書へのリンク など »