« 今年も 来ました | トップページ | 新しい デジカメ »

2007.11.27

月命日:ブログが消えるとき

ある日アクセスしたら、「このページは表示されません」というメッセージが出る。そんな日が、いつか来る。

そして、そこに込められた数々の思いもまた、一緒に消えていく。


|

« 今年も 来ました | トップページ | 新しい デジカメ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか感慨深い言葉です。

とあるblogをたまに覗きます。
そこは、その人が生きた証なんだよなっていつも思う。

主はいなくても、あり続ける。
友人たちは、主を思い思い出したように書き込みしてる。

全然、知らない人のblogだけど
なんだか覗かずにはいられない。

あそこがなくなったとき
どうなるんだろうって思ったりしました。

投稿: へいぽー | 2007.12.01 09:48

へいぽーさん

涼も、更新されないまま コメントが続いているブログを知っています。主はそのコメントを読んでいるのでしょうか。

自分の意思で更新しないと決めたときは、多分ブログを閉じると思います。

投稿: | 2007.12.01 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/16885870

この記事へのトラックバック一覧です: 月命日:ブログが消えるとき:

« 今年も 来ました | トップページ | 新しい デジカメ »