« 荒天予報 | トップページ | 追記 »

2008.02.24

ほめると いうこと

一番始めに読むことをお習いした先生が、
「過度に謙遜するのは、ほめた人に対して失礼だ」ということを仰有っていた。
謙遜(そんなことありませんと、否定すること)は、ほめた相手の立場をなくすというのだ。
(これに対しても捉え方は色々あると思うが、端折って書いているのでツッコミは却下)

自分はといえば、(お子さまは別として)褒めないなぁと思う。(極 初心者や講習会は 別)

やる気というのは評価されることだが、ある意味もっともやっかいでもある。「やる気」が歓迎される世界だけに、それに水を差すのはどうかという意見もあろう。

しかし、やる気だけが先行して力を伴わないのでは、(色々な場面の)相手に対して失礼だろう。

ところが、こうしたスタンスを貫いていると、
「涼さんがほめたんだから……」ということになってくる。それもいいのかなとも、思う。


さて、それはそれとして、苦手な分野を評価されたことは、反省点はしっかり押さえながら 素直に喜こぼう!


地道な努力を続けている人に誤解されないことを願いつつ……


080224snow77_3

どうも冷え込むと思ったら、朝うっすらと雪が積もっていた。
「斑(はだら)霜」は季語にあるが、これは「斑(はだれ)雪」だろう。

冬の夜の庭も斑(はだれ)に降る雪の
なほ消えかへり年ごとに 時につけつつ
あはれてふ ことを言ひつつ
(古今集 紀貫之 長歌より)

春の息吹を感じるが、寒い!


|

« 荒天予報 | トップページ | 追記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/40241151

この記事へのトラックバック一覧です: ほめると いうこと:

« 荒天予報 | トップページ | 追記 »