« 絲山秋子【イッツ・オンリー・トーク】 | トップページ | 花の公園 »

2008.03.13

近松門左衛門の墓

谷町筋を下っているときに、電話が入る。
「大丈夫なの?今どこにいるの?」
「もうすぐ着く!」

いつものセンターが使えなくて、今日の委員会は作業所併設の初めての場所であった。
件の電話は、涼が方向音痴であると 勝手に刷り込んでいる 全盲の図書館職員から。

でも、何だか歩きすぎたような気がするなぁ。
進むべきか!退くべきか!
一瞬の迷いの後、引き返す。

と、向こうの方で手を振る人がいる。どうも迎えが現れたようだ。
「この看板を見つけたら、すぐだったんですけどねぇ。Aさんもまだだけど、皆さん 涼さんのことばかり心配していましたよ」
という案内に導かれて、会場へ着く。

「この地図見て よう着かへんかったら アホや」と言って、大笑いされた(大いに傷つく)。


昼食の時間、「あの電話のせいで、上を見いひんかったやないの」と、とばっちりを電話の主に向けたのだった。


終わってから、近くに近松門左衛門の墓があるというので寄ってみることに。
「大丈夫?」という声をしりめに、さらに谷町筋を下る。


郵便局の横のほんの小さなところが、目指す場所だった。

近松 墓標冬の季語に入るのだが

けふ(今日)も亦心中ありて
近松忌
高浜虚子


ところで、只今大相撲春場所中ですが、「タニマチ」という言葉が相撲界で使われている(いた?)ことは、ご存じでしょうか。
この界隈(谷町)と、関係あるのです。


|

« 絲山秋子【イッツ・オンリー・トーク】 | トップページ | 花の公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/40486722

この記事へのトラックバック一覧です: 近松門左衛門の墓:

« 絲山秋子【イッツ・オンリー・トーク】 | トップページ | 花の公園 »