« 法隆寺 五重塔 | トップページ | 記事のタイトル »

2008.05.13

百済観音

斑鳩の地を訪れたので、帰りに法隆寺へ寄ってきた。


中門奥に、五重塔を望んだところ。

中門と五重塔

平日だから空いているかと思ったのだが、シーズンだからだろう。修学旅行生で溢れていた。

説明を聞いている彼らをやり過ごして、百済観音に会いに行く。いつもと違う場所におられるようなので変だなと思ったのだが、平成10年に安住の地として、大宝蔵院に百済観音堂が作られたのだという。

何度来ても、うつくしいなぁと思う。
右掌も柔らかく美しいが、やはり左側からのお姿が。うっとりと見上げる。


東院へ行く前に、大宝蔵殿で秘宝展をしているので入る。
話題になった「平成の玉虫厨子」が公開されているのだ。飛鳥時代の技法で復刻された厨子と、もう一つは平成型とされるもの。
復刻版は法隆寺に奉納され、平成型は展示後高山へ戻されるそうだ。


そして、東院伽藍の夢殿。

夢殿ちょうど、春のご本尊開帳にあたっていて、久世観音を拝観出来た。中学生たちが、「何も見えない」などと言いながら、サッサと通り過ぎていってくれる。ちょっと目が慣れてくれば、お姿は見える。




|

« 法隆寺 五重塔 | トップページ | 記事のタイトル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41195986

この記事へのトラックバック一覧です: 百済観音:

« 法隆寺 五重塔 | トップページ | 記事のタイトル »