« 「西の魔女が死んだ」映画化 | トップページ | せこい »

2008.05.29

風野真知雄【谷中黒猫殺人事件】


風野真知雄〔著〕
出版 大和書房(だいわ文庫)
発売日 2007.8
定価 ¥680 (本体 : ¥648)
ISBN 978-4-479-30117-2

黒猫に反応して、何気なく買った一冊。

美人姉妹が住む谷中の「猫屋敷」で事件が発生した。 火付け盗賊改方の長谷川平蔵(鬼平)が処理した事件に、「猫屋敷」は関係あるのか――。

奇談集『耳袋』を書き記した赤鬼奉行根岸肥前が、江戸に起きる怪事件の謎を次々解き明かす。
著者の名前ははじめてだが、これはシリーズものらしい。文庫書き下ろしとある。

『耳袋』というのは実在する奇談集のようで、たしか宮部みゆきの小説にも出てきたと思う。
鬼平は亡くなっているが、寛政の改革を行った松平定信も登場。

5話から成る短編集の体裁を取って一話ずつ一応完結させているが、(事件に関係した)登場人物も「猫屋敷」に関連してふたたび出てくる。

表に出てくる話の筋から裏をあぶり出す赤鬼奉行の腕は、鮮やかだ。
正反対の性格である、奉行の家来と同心の掛合が面白い。

江戸の街が活写されているが、悲しいことにピンとこない。.
久々に、東京時代MAPを取り出す。

お江戸オフな皆さまなら、きっとより楽しむことがお出来になるのではと思った次第。


谷中黒猫殺人事件
2007年8月15日第1刷発行
2008年1月20日第4刷発行


|

« 「西の魔女が死んだ」映画化 | トップページ | せこい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございます。
読んでみたいと思います^^

投稿: ぶんぶん | 2008.05.30 07:44

ぶんぶんさん、こんにちは。

どれから読んで見ても、ぶんぶんさんなら楽しんで頂けるのではないでしょうか。
シリーズものだし、地図を見ながらもう少し読んでみようかなと思っています。

投稿: | 2008.05.30 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41357283

この記事へのトラックバック一覧です: 風野真知雄【谷中黒猫殺人事件】:

« 「西の魔女が死んだ」映画化 | トップページ | せこい »