« 谷村新司【昴】 | トップページ | ユスリカ »

2008.05.11

東野圭吾【魔球】

魔球

魔球東野 圭吾〔著〕
出版 講談社(講談社文庫)
発売日 1991.6
定価 ¥580 (本体 : ¥552)
ISBN 4-06-184931-X


昭和39年。オリンピックの年、東海道新幹線が開通した年。

冒頭、その年の春、場所は甲子園。9回裏二死満塁。開陽高校の天才投手須田武志が崩れる。そして、捕手は魔球を見た。

その少し前、開陽高校のある町の東西電機で、爆破物が置かれるという事件が起きる。
そして選抜高校野球後、須田武志の珠を唯一受けることの出来た開陽高校野球部の捕手 北岡明が殺される。

一見関係なさそうな二つの事件には、巧みにはられた伏線があった。

著者は何故、敢えて舞台を昭和39年に持ってきたのだろうか。「三丁目の夕陽」で懐かしがられているこの時代は、まだ戦後のドサクサを引きずってもいたのだ。


傲岸不遜とも言える須田武志の、孤独とやさしさ。母への愛と、兄弟愛。
ふと、宮部みゆきの「パーフェクトブルー」を想起させもするが、それよりも時代を背負った彼らの生き方の方が、より厳しいものがあったろう。
ミステリーでありながら、それを超えるものを持っているのは、著者の優しい目線であろうか。

縦糸にこれらの事件を置き、横糸には野球部監督と同窓の刑事、高校教師の恋人が絡む。

高校野球を描いた、秀作である。


最終部分、24年後の須田有樹の日記は必要だっただろうか?

東野作品索引

魔球
1991年6月15日第1刷発行
2007年7月20日第45刷発行


|

« 谷村新司【昴】 | トップページ | ユスリカ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41162352

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾【魔球】:

« 谷村新司【昴】 | トップページ | ユスリカ »