« 重松清【ブランケット・キャッツ】 | トップページ | 伊坂幸太郎さん、山本周五郎賞に »

2008.05.16

東野圭吾【秘密】

秘密東野 圭吾〔著〕
出版 文藝春秋(文春文庫)
発売日 2001.5
定価 ¥660 (本体 : ¥629)
ISBN 4-16-711006-7

【日本推理作家協会賞(第52回)】妻と小学生の娘が事故に。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは死んだはずの妻だった。運命は愛する人を二度奪っていく…。切なさ溢れる長篇ミステリー。

最後のどんでん返しにはちょっと納得できないものの、幽霊刑事を思い出し、切なくて困った。多分、他の方にはお解りいただきにくい心境だと思う。

平介は、妻 直子と娘 藻奈美との平和な三人暮らしをしていたサラリーマンだ。その平和な暮らしは、直子と藻奈美がバス事故にあうことによって崩れる。
直子は藻奈美をかばうようにして覆い被さって亡くなり、藻奈美は奇跡的に助かる。だが、意識が戻った藻奈美が発した言葉は、直子のものだった。

なかなか受け入れられない事実を二人だけの秘密にして、直子は藻奈美として生きていく。

途中夫婦としての色々な問題を孕みつつ、直子は自分が授かった命を 悔いない生き方で生き直そうと、医学部を目指す。

ところがある日、藻奈美が戻ってきた。彼女は自分が眠っていたと思っている。そして時間が経つと、また直子に戻る。こうしたことを繰り返しつつ、次第に藻奈美は藻奈美でいる時間が長くなり、それに伴って直子は消えていくことが予想される。


「ミステリーではないな」と思いつつ読み進めて、このあたりへ来たところで、この入れ替わりについて妙な考えが浮かんだ。

もし、長男の身体に徹也が乗り移っていることがあったとしたら……。そして、交互に生活出来ていたら……。
そんなことを考えながら読了して、より切なくなっていったのだった。


広末涼子と小林薫で映画にもなっていたようで、広末が映画のことを書いていた。

東野作品索引

秘密
2001年5月10日第1刷
2008年1月25日第32刷


|

« 重松清【ブランケット・キャッツ】 | トップページ | 伊坂幸太郎さん、山本周五郎賞に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41220856

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾【秘密】:

« 重松清【ブランケット・キャッツ】 | トップページ | 伊坂幸太郎さん、山本周五郎賞に »