« 夏は来ぬ | トップページ | ベッキーを使ってみる »

2008.05.06

夏かぜ

昼間臥せったのは、何ヶ月ぶりのことか。
いくらでも寝られるというのは、やはり本調子ではないからだろう。

こんなとき、ネコが隣にいてくれたら 幸せなのに。

Nyam_6

春夫忌の
猫の蹠(あしうら)
うつくしき
鳥越すみ子



つれあいは、今月からベターホームの「男の料理」に行きだした。
すぐに作らないと忘れそうだなどと言いながら、こんな日でも、「晩ご飯つくろうか」とは、言ってくれない。


今日、古くからの友人に、「生き急いではいないか」と言われた。
『生き急ぐ』、いい言葉ではないか。

けして そうしたことを意識しているわけではなく、好きなことを好きなときにしているだけだ。

彼女から勧められた「一日に一つ」のことを、この一日から始めた。今のところ三日坊主は脱して 続いている。
さて、どこまで行けるか!


|

« 夏は来ぬ | トップページ | ベッキーを使ってみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

test0507

投稿: | 2008.05.07 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41113395

この記事へのトラックバック一覧です: 夏かぜ:

« 夏は来ぬ | トップページ | ベッキーを使ってみる »