« 囲炉裏火は…… | トップページ | 小満 »

2008.05.22

現地調査

バリアフリーの現地調査ということで、昔なじみが深かった場所へ行ってきた。

まずは、駅から。帰宅時、電車を待つほんのつかの間 急いで食べたホームのそば屋は健在だった。
驚いたことに、ホームにトイレが出来ていた。設置されてから、まだ6・7年目だという。

階段を上って点字ブロックに沿ってホームを歩くとして、さてどこで止まって待っているべきか。ホームの乗車位置は、わずかに盛り上がってはいるが、点字ブロックからはわかりにくいだろう。
大概の人は、最初は気配で覚え、いつも使うようになると、右へ(あるいは左へ)曲がってどれくらいと覚え込んでいるのだろう。
一方、一つの場所をいつも利用していると、新しく変わったことに気付くのが遅くなる。

駅員さんは、コンコースに点字案内板がありますと仰有っていた。ところが、その点字案内板の方がトイレより先に出来ていたのだろう。そこには、ホームのトイレ案内がないのだった。


|

« 囲炉裏火は…… | トップページ | 小満 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41286207

この記事へのトラックバック一覧です: 現地調査:

« 囲炉裏火は…… | トップページ | 小満 »