« ATOK定額制サービス | トップページ | 来週は…… »

2008.06.27

月命日:他人の「悲劇」に際して

ぞふぃさんの同名のタイトルをそのままに、同じように感じたものとして。

他人事だと認識している限り、その人に「なにか大切なものが欠けている」のだとは、思わないのです。

他人の「悲劇」に際して


7月1日追記

他人の「悲劇」に際して涙した人が、そのすぐあとで知人たちと笑いさざめいている。といった光景は、よく目にします。
欺瞞とは言いませんが、若干矛盾を感じることはあります。
でも、それも事実であり、受け入れるべきことではないでしょうか。


|

« ATOK定額制サービス | トップページ | 来週は…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぞふぃです、ご無沙汰しております。
拙記事へのリンクありがとうございました。

実はこの記事を書くにあたり、涼さんがこれをご覧になったとしたらなんと思われるだろうか、と少し不安に思っておりました。

不快感を与えなかった(?)ことに少しほっとしております。

ありがとうございました。

投稿: ぞふぃ | 2008.06.30 17:54

ぞふぃさん、お早うございます。

所詮は他人事(ひとごと)である、これは間違いないことです。
大事なのは、それを認識していることではないでしょうか。

少し追記しました。

投稿: | 2008.07.01 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41513050

この記事へのトラックバック一覧です: 月命日:他人の「悲劇」に際して:

« ATOK定額制サービス | トップページ | 来週は…… »