« 大阪桐蔭 優勝! | トップページ | さかなつり 注意! »

2008.08.20

◆高田崇【鎌倉の闇】

鎌倉の闇

高田崇〔著〕
出版 講談社(講談社文庫)
発売日 2007.9
定価 ¥600 (本体 : ¥571)
ISBN 978-4-06-275821-5

銭洗弁天、鶴岡八幡宮、御霊神社…鎌倉をそぞろ歩く奈々、沙織の棚旗姉妹に、桑原崇が説く「鎌倉=屍倉」の真実! 源三代にまつわる謎の答えが、闇の中に白く浮かび立つ!「QED」第8弾。

武家政治を開いた頼朝は傀儡であったことや、源家三代(頼朝・頼家・実朝・公暁)の悲劇と共に、鎌倉の歴史的暗部を崇に語らせている。

並行して、鎌倉市内のとある会社で起きた事件の話とが、交互に展開する。
あまり大部でない本書の半分が、鎌倉の暗部についての話で占められている。
そして、これまでのシリーズと違って、崇達は直接事件に係わってはいない。最後部、崇は言う。

これから起こりそうな事件を未然に防ぐためならば、いくらでも協力を惜しまないが、すでに起こってしまった事件の解決ならば、専門家に任せておいた方がいい。

崇の話の中には杉本苑子氏の考証といった言葉も散見され、単に小説としてというだけではなく、かなり事実に近い部分が多いように思う。
杉本苑子氏と言えば、「新とはずがたり」で鎌倉を描いている。

『五名水』や『鎌倉七口』と呼ばれる切り通しのことなど、以前から関心のあった興味深い話も多い。


しかし、スペースの関係もあるのか、肝心の事件については、ややおざなりな感がある。
社長ではなく副社長が実質的な権力者で、社長は傀儡に過ぎなかったというあたりで、頼朝と北条家との類似性を持たせようとしているのかもしれぬが。
両者とも『名前さえあれば存在していなくとも良かった――』

最後にひとり「ほくそ笑む」関係者にしても、あまりにも唐突な感がある。


本書の前作「龍馬暗殺」から参加しているらしい奈々の妹沙織が騒々しく邪魔である。

鎌倉の闇(くらやみ)


|

« 大阪桐蔭 優勝! | トップページ | さかなつり 注意! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/41989700

この記事へのトラックバック一覧です: ◆高田崇【鎌倉の闇】:

« 大阪桐蔭 優勝! | トップページ | さかなつり 注意! »