« 夏休み | トップページ | ヴェルヌ【十五少年漂流記】 »

2008.08.15

スカイ・クロラのこと

12日付の朝日新聞「銀の街から」という映画レビューで、沢木耕太郎さんが「スカイ・クロラ」について書いていらっしゃる。
「スカイ・クロラ」については、かっけーさんのブログで知った。本は読んでいないのだが、かっけーさんのブログから映画のオフィシャルサイトに行ってストーリーを見ている内に、何だか既視感のような感覚を持った。

まさにその同じ事を、沢木さんは書いていらっしゃるのだった。


「スカイ・クロラ」で描かれているのは、近未来の世界。
平和を実感するため、管理されたショーとしての戦闘が行われている。その戦闘機のパイロット達が、「キルドレ」と呼ばれる大人にならない子どもたちだ。
彼らは、殺されるまで死なない。

だだっ広いだけの、人の気配の殆ど無い飛行場。

沢木さんが感じられたとおなじ既視感というのは、63年前にこうした飛行場から飛び立っていった、帰ってこられない運命にある若者達のことだった。


今日、8月15日。


|

« 夏休み | トップページ | ヴェルヌ【十五少年漂流記】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/42160938

この記事へのトラックバック一覧です: スカイ・クロラのこと:

« 夏休み | トップページ | ヴェルヌ【十五少年漂流記】 »