« ◆高田崇史【鬼の城伝説】 | トップページ | 連続テレビ小説【だんだん】 »

2008.09.29

S・J・ローザン【冬そして夜】

冬そして夜

S・J・ローザン〔著〕直良和美〔訳〕
出版 東京創元社(創元推理文庫)
発売日 2008.6
定価 ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
ISBN 978-4-488-15309-0

タイトル通り、暗く重い一冊。BGMは、バッハ。

11月の深夜、警察署へ呼び出された私立探偵ビル・スミスは、甥のゲイリーと思わぬ再会を果たす。なぜニューヨークへ来たのか話さぬまま、再び姿を消した甥を捜すため、甥一家が住む町ワレンズタウンを訪れたビルと相棒のリディアは、アメリカン・フットボールの盛んな町が抱える歪みと秋分に、否応なく直面するのだった。私立探偵シリーズ第8弾。

高校生は、大人か子どもか?
アメリカで一番人気のあるスポーツは、フットボールだ。そして、フットボールで活躍する選手は、皆の憬れである。
そのことと、何をしても許されるかということは、当然別の次元の問題である。
むしろ、英雄であればこそ身を正してというのは、大人の勝手な言い分か?

本書ではまた、ビルの甥が係わった事件ということで、否応なく彼の過去にまで触れられている。
なぜゲイリー(甥)の父、ビルの妹の夫はこれほどまでビルを嫌うのか。これまでビルが過去の話をしなかったのは、何故か。

自分の若い頃を見るような思いで、ビルはゲイリーを案じ、探し続ける。

事件が一応の解決を見たとしても、街は変わらずフットボールを崇め続けるのかもしれない。ちょうど、22年前の事件が尾を引いていたように。


そうした暗い背景にあっても、ビルとリディアのかわす会話の、何と洒落ていること。
彼らの関係に、多少の進展が見られるのか。


2003年度「アメリカ探偵作家クラブ(MWA)最優秀長編賞」受賞

冬そして夜


|

« ◆高田崇史【鬼の城伝説】 | トップページ | 連続テレビ小説【だんだん】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/42266567

この記事へのトラックバック一覧です: S・J・ローザン【冬そして夜】:

« ◆高田崇史【鬼の城伝説】 | トップページ | 連続テレビ小説【だんだん】 »