« 【おくりびと】 | トップページ | 内田康夫【十三の墓標】 »

2008.10.07

石文(いしぶみ)

昨日書いた【おくりびと】の中で、かなり重要な意味を持つ言葉であり、もの(石)である。

「いしぶみ」とは、「碑」と書くが、元は「石文」だったという。
ここでは「碑」というよりは、言葉は書いてなくて気持ちを伝える道具として使っている。

失踪した父が残した「石(文)」
一人で亡くなった父が握っていた、大伍から送った「石(文)」。


|

« 【おくりびと】 | トップページ | 内田康夫【十三の墓標】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/42714127

この記事へのトラックバック一覧です: 石文(いしぶみ):

« 【おくりびと】 | トップページ | 内田康夫【十三の墓標】 »