« 天野節子【氷の華】 | トップページ | 青空の下、初滑り(岐阜・郡上) »

2008.10.31

「砂の器」と「氷の華」

昨日の氷の華で、何だかモヤモヤとしている旨、書いた。

以下、ネタバレあり。

本の中でも和歌子と隆之の「道行き」で、「砂の器」になぞらえて証拠の紙を細かくちぎって車外(註)に撒く場面がある。
(註)列車と車からという時代の違いがうかがえる

また、ラストシーンで「砂の器」を連想するという文にも出会った。

しかし、なにか納得できない。

そう、「砂の器」の場合、主人公に肩入れできるのに、「氷の華」の場合はそれがないことだろうか。
恭子は「何処までも凜として」とあるが、先の二人も含めた自分勝手な三人に、同情の余地がないと思うのだ。


ドラマのラストシーンは、少しちがうのだろうか?


|

« 天野節子【氷の華】 | トップページ | 青空の下、初滑り(岐阜・郡上) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/42961533

この記事へのトラックバック一覧です: 「砂の器」と「氷の華」:

« 天野節子【氷の華】 | トップページ | 青空の下、初滑り(岐阜・郡上) »