« 石文(いしぶみ) | トップページ | 米子駅 »

2008.10.13

内田康夫【十三の墓標】

十三の墓標

内田 康夫〔著〕
出版 角川書店(角川文庫)
発売日 1991.8
定価 ¥504 (本体 : ¥480)
ISBN 4-04-160721-3
(画像は実業之日本社のJOY NOVELS)


警視庁捜査一課、岡部警部の部下・坂口を5歳の姪が訪ねてきた。両親が帰ってこないと言う。やがて姉夫婦は他殺体で発見された。姪が聞いた「イズミ」という言葉を手掛かりに、坂口は真相究明に乗り出す…。岡部警部シリーズ。

著者のあとがきに、取材にエネルギーを使ったとある。さもありなん!和泉式部の墓所が舞台で、その数十三。
全部は無理として、佐賀県有明町、京都府宮津の天の橋立、兵庫県の余部大鉄橋、長野県諏訪市の温泉禅寺、栃木県矢板市、福島県石川町など、十ヶ所近くを取材なさったそうだ。

同じ旅情ミステリーでも、内田作品はその地方のことを丹念に調べてあると思う。それだけに、事件の方がやや影が薄くなるのは、高田崇史の作品と共通するところがある。

せっかくの和泉式部の墓標という背景を得ながら、この使われ方が少々残念だ。
しかし、ちょうど余部鉄橋の事故があった1986年が舞台で、丹後地方の描かれ方は綿密だった。


岡部警部シリーズとして、テレビドラマになっていたようだ。原作とは違って、マッチ演じる岡部警部が主役だったという。
本書の警部は、やや年上の感じだし、マッチ的岡部警部なら、この主人公坂口が相応しいのだろう。


十三の墓標
平成3年8月10日初版発行
平成20年8月30日39版発行


|

« 石文(いしぶみ) | トップページ | 米子駅 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/42774036

この記事へのトラックバック一覧です: 内田康夫【十三の墓標】:

« 石文(いしぶみ) | トップページ | 米子駅 »