« いわき総合図書館 | トップページ | 【おくりびと】 »

2008.10.05

東野圭吾【容疑者Xの献身】

容疑者Xの献身

東野 圭吾〔著〕
出版 文藝春秋(文春文庫)
発売日 2008.8
定価 ¥660 (本体 : ¥629)
ISBN 978-4-16-711012-3

【直木賞(第134回)】【本格ミステリ大賞(第6回)】天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は、愛した女を守るため完全犯罪を目論む…。数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリー。『オール讀物』連載を単行本化。

このような献身があり得るのか?
最後は、それが報いられたとは思えないが、しかし受け入れられるものでもなかろう。

最良のライバルは、真の友人になる。
その湯川が好敵手と認めた同期生が、今回の容疑者である。彼の苦悩は、計り知れない。
同じく同期の草薙との友情を終わらせてでも、湯川は容疑者Xを守ろうとする。


冒頭、石神がわざわざ職場(高校)への道を遠回りして河川敷を歩いていく。
そして、この河川敷に住まうホームレスたちの暮らしぶりを丹念に描いていく。この石神の観察力が、実は伏線になっている。

次にこの場所が登場したときの描き方で、オヤと思わされる。この辺の描写はうまい。ここがずっと引っかかっていたのだが、やはりそれが最後の謎解きと結びついていた。

このトリック?を使っての完璧なアリバイ作りによって、石神は、生きる希望を与えてくれた靖子母子に報いようとする。まさに、献身である。


石神が容貌を気にすることで、彼の恋心に気づいた湯川は、やはり朴念仁ではない。
何とも切ない、ミステリーではある。


コロンボ式(犯人が判っていてそのアリバイ等を崩す)やり方に見えて、著者はもう一ひねりしている。いつもの、東野ワールドである。


映画が封切られた模様だが、テレビと同様女性刑事が登場するようだ。
容疑者Xの献身


|

« いわき総合図書館 | トップページ | 【おくりびと】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/42591927

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾【容疑者Xの献身】:

« いわき総合図書館 | トップページ | 【おくりびと】 »