« 君恋し フランク永井さん逝去 | トップページ | 星新一【午後の恐竜】 »

2008.11.11

星新一【にぎやかな部屋】

にぎやかな部屋

星 新一〔著〕
出版 新潮社(新潮文庫)
発売日 2007.11
定価 ¥380 (本体 : ¥362)
ISBN 978-4-10-109820-3

著者にしては珍しく、ショートショートではなく、中編だ。

マンションらしきところの一室。住民は、三人。父と母と娘。
ところが、それぞれの背後には、霊がとりついている。
娘の霊は、まだ霊になったばかりの老人。現世では、会社の社長だったようだ。
父母についているのは、現世で結ばれず心中をした若い男女。

父親の仕事は、金融業。というより、金貸しだ。母親は、占いを業としている。
このマンションの一室がそれぞれの職場で、お客によって暗い神秘的な部屋にもなれば、明るいビジネスの場にもなる。

そこへ登場する、お客たち。それぞれ自分たちの霊を連れてくる。当然、生身の人間には霊は見えないし、声も聞こえない。


と、まるで舞台を見ているような展開だなと思って読んでいたのだが、著者自身のあとがきによると、戯曲を書いて欲しいと言われて完成した作品のようだ。

こうして、一幕ものの舞台には、様々な人たちが入れ替わり立ち替わり現れ、消えていく。

登場人物それぞれに、イメージする俳優を当てはめて読めば、又違った楽しみ方が出来よう。


にぎやかな部屋


|

« 君恋し フランク永井さん逝去 | トップページ | 星新一【午後の恐竜】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/43079020

この記事へのトラックバック一覧です: 星新一【にぎやかな部屋】:

« 君恋し フランク永井さん逝去 | トップページ | 星新一【午後の恐竜】 »