« 東海道新幹線で無線LAN | トップページ | 「ビルマの竪琴」水島上等兵のモデル 死去 »

2008.12.19

内田康夫【佐渡伝説殺人事件】

佐渡伝説殺人事件

内田 康夫〔著〕
出版 角川書店(角川文庫)
発売日 1987.2
定価 ¥483 (本体 : ¥460)
ISBN 4-04-160707-8

「事件」を隠蔽する権力。それに抗う小さな魂…。政界・マスコミをも巻き込み推移する事件の真相を追い、浅見光彦は佐渡の「願」の地へ。

黒幕については、途中で(多分浅見より早く?)わかってしまう。
浅見を襲ったのを女性ということにしたのは、佐渡で花を手向けた女性と混同させるためだろうが、いささか無理があるのではなかろうか。

佐渡出身の方が本書を読むと、悲しくなってしまわないだろうか。
それほどまでに、佐渡は悲しい土地として描かれている。

プロローグがが、いつものように関係者のモノローグというのとは違って、浅見自身の書いたものだというのが これまでと少し趣向が違うようだが、やはりこれが伏線になっている。

長く忘れていた「賽の河原」の話を、思い出すことになった。幼くして亡くなった子どもたちが、賽の河原で石を積む。夕方になると鬼が来て、せっかく積んだ石を崩してしまう。
『ひとつつんでは ちちのため』
『ふたつつんでは ははのため』
こうした仏教説話を、子どもの頃よく聞かされた。
子ども心にも、仏様の慈悲というよりは逆に無慈悲に感じたのは、何故か。


佐渡伝説殺人事件


|

« 東海道新幹線で無線LAN | トップページ | 「ビルマの竪琴」水島上等兵のモデル 死去 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/43463309

この記事へのトラックバック一覧です: 内田康夫【佐渡伝説殺人事件】:

« 東海道新幹線で無線LAN | トップページ | 「ビルマの竪琴」水島上等兵のモデル 死去 »