« お湯ポカ | トップページ | 落葉 »

2008.12.01

さよなら 夢の超特急

夢運び続けて44年 初代新幹線「0系」お疲れさま(asahi.com)

あちこちでニュースになっているのだが、関西版を。

新幹線にはじめて乗ったのは、昭和42年だったか。勿論、この団子っ鼻の「こだま」。
思い出深いのは、地震による線路点検のため何時間か車内に閉じこめられたこと。

その後は、つれあいの故郷である福山へ行く時に利用していた。その福山にものぞみが停車するようになり、「こだま」は途中で停車中の姿を見るくらいになった。

J-WESTカードでは12月の特別ラン(ひかりとしてはしるもの)を早期予約できたのだが、日程が合わず断念した。

まぁ、青春時代の思い出とも、多少重なる部分はあるわけで……

もう一つ、これは広島発。
さよなら0系 JR社員らが敬礼で見送り


14日追記
Tompeiさんの、0系新幹線、お疲れ様!に、トラックバックさせていただきました。
桜桃さんの、はしれ超特急に、トラックバックさせていただきました。

新幹線つながりで、うれしいなぁ。

今日のGoogleで、画像も挙げてしまおう!

0keishinkansenn


|

« お湯ポカ | トップページ | 落葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
この「いかにも新幹線!」って顔がヨカッタんですケドねぇ。
こうやって昔ながらの車両がなくなってしまうのは寂しいですね・・・

投稿: アリス | 2008.12.01 21:53

アリスさん、お早うございます。

∥この「いかにも新幹線!」って顔がヨカッタんですケドねぇ。

そうそう、(新幹線は)だんだんよそよそしい顔になっていくような気がしています。
「狭いにっぽん……」と言いながら、実際にはそのスピードを享受しているのですが。

投稿: | 2008.12.02 06:43

新幹線と言えば、この車両ですよね。小学生の頃、よく絵に描いていました。
開通してまもなく父親に連れられて、東京駅に見学に行った記憶があります。古いアルバムをめくると、写真があるはず。
その父親の郷が愛知県だったので、毎年夏休みにこれに乗って遊びに行くのが楽しみでした。
思い出は尽きません。そのうち記事にも書きたいです。

投稿: Tompei | 2008.12.02 07:21

Tompeiさん

∥新幹線と言えば、この車両ですよね

可愛らしい丸いフォルム。
子どもが好きになる形かもしれませんね。

東京から名古屋までだと、ちょうどいい距離ですね。
汽車の中で食べたお弁当のこととかも思い出の一つになっているのではないでしょうか。

ぜひぜひ、その頃の思い出など書いて下さいな。


投稿: | 2008.12.02 20:08

TBありがとうございました。

満席の時食堂車で食べたら座れるから・・、とか言ってた記憶があるんです。
で、新幹線といえば食堂車、と思ってたら気づいたら無くなっていてショックを受けた覚えがあります。それがいつだったか・・。とやはり思い出は尽きませんねえ。

投稿: 桜桃 | 2008.12.14 23:38

桜桃さん、こんばんは。

リンクとトラバ、ありがとうございます。
いつ頃から0系でないのに乗り出したのか、あまりはっきり覚えてはいないのですよ。

「こだま」から「ひかりは西へ」となり、それこそいつの間にか「のぞみ」が誕生していて……

うーん、かわいいですねぇ。あの団子っ鼻。
だんだん鼻の形が気に入らなくなっているのです。「かものはし」にもなったんだっけ?
「かものはし」は、ICOCAのキャラクターだわ。

だんだん支離滅裂になってきています (-_-;)

投稿: | 2008.12.15 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/43289702

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら 夢の超特急:

» 0系新幹線、お疲れ様! [葉桜日記]
 今日のグーグルのタイトルはこれ、と惑さんの記事で知ってさっそく保存しました。今 [続きを読む]

受信: 2008.12.14 17:20

» はしれ超特急 [あん・ぷろん・ぷちゅ]
山中恒作詞・湯浅譲二作曲 ビュワーン ビュワーン 走る 青いひかりの超特急 時速 [続きを読む]

受信: 2008.12.14 23:04

« お湯ポカ | トップページ | 落葉 »