« 横浜で小中一貫教育 | トップページ | オバマ大統領 就任宣誓やり直し »

2009.01.22

【お遍路に咲く花通る風】

お遍路に咲く花 通る風元気おばさん お四国を歩く

佐藤 孝子〔著〕
出版 リヨン社 発売 二見書房
発売日 1997.5
定価 ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
ISBN 4-576-97060-7

ワケあり本が、続く(苦笑)。

著者を、教師を辞めてまで、四国遍路へ駆り立てた物は何か?
といった、大層な話ではなく、淡々と四国を巡る楽しさを語っていく。
その途中で出会った方たちのこと。「お接待」という地元の方たちの暖かしもてなし。偶然一所になった同じ歩き遍路たち。

バスで手軽に、八十八個所を巡ることも出来る。ここからだと、日帰りで少しずつ参ることも可能だ。
だがこれを読むと、やはり遍路は歩かなければという気持ちになる。

第一章 出会う
第二章 温もる(ぬくもる)
第三章 想う
第四章 お遍路のすすめ

といった、構成。

その地元の人たちとの出逢いでも面白かったのが、「あんたと友達になれそうやな」という一遍。
ちょうど幼稚園帰りの子どもたちと出会った、著者。男の子三人、女の子五人のグループだ。
「あんた、どこから来たん」
「神奈川」
「どこや、それ」
「東京の近く」
と問いかけて来た女の子たちとの話が弾む。というか、質問攻めにあう。彼女たちは、勿論遍路を知っている。あげく、彼女たちが立ち寄る犬のいる家で少し遊び?、阿波踊りも見せてくれる。
著書は彼女たちに認められ、友だちにしてもらう。
彼女らの両親は殆どが働きに出ており、家には祖父母が待っている。

他にも、四国の暖かいもてなしの話が続く。

本書が書かれたのは10年ほど前だが、こうした風情はまだ残っているだろうか。


[歩き遍路]か、いいなぁ!


お遍路に咲く花 通る風


|

« 横浜で小中一貫教育 | トップページ | オバマ大統領 就任宣誓やり直し »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/43797735

この記事へのトラックバック一覧です: 【お遍路に咲く花通る風】:

« 横浜で小中一貫教育 | トップページ | オバマ大統領 就任宣誓やり直し »