« 歌い継がれる「村椿vs板東」 | トップページ | そごう本店 売却へ »

2009.02.03

節分

今日は節分で、明日はもう立春。
先週中頃、一時温かくなったと思ったのもつかの間、また寒い日で午後からは雨も降り出した。

節分といえば、子どもの頃から何の疑いもなく「鬼は外、福は内」と豆まきをしてきた。

ある年から急に母がどこかで聞いてきて、巻き寿司のまるかぶりという「行事」が始まった。大阪の商人が始めたものだという。

火曜日は他の曜日に比べてお客の少ない生協の店だが、今日は日曜日以上に混んでいた。
「巻き寿司を予約していた人が来ますしね。午前中は、雨のふらない内にというお客さんでもっとすごかったですよ。ちょっとマシになってきたところ」と、いつものレジの方の話。


日本の行事は、中国から伝来したものや宮中の儀式を元にしているものなど、かなり複雑に絡まり合っているものが多い。
「追儺(ついな)」も、その一つだろう。

あまんきみこの絵本に「おにたのぼうし」というのがある。詳しいストーリーは忘れてしまったが、鬼の子おにたが帽子をかぶっているいわさきちひろの表紙絵は、よく覚えている。
おそらく、角を隠すための帽子なのだろう。そして、季節は節分の頃。

鬼の子に対する、著者のやさしさが伝わってきたような。


柳田国男の「遠野物語」を少しずつ読んでいたことがある。また読みたくなってきた。


とりとめなく思いつくことを並べているが、次々連想しているわけで、本人にとってはつながりがある ことども ではあるのだが……
書きたいことは、書いていないような。

いつもの「ま、いっか」



|

« 歌い継がれる「村椿vs板東」 | トップページ | そごう本店 売却へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/43948710

この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« 歌い継がれる「村椿vs板東」 | トップページ | そごう本店 売却へ »