« 鯖街道口 | トップページ | たま駅長と猫づくし電車 »

2009.03.02

日本鉄道旅行地図帳10号 大阪

今尾 恵介〔監修〕
出版 新潮社(新潮「旅」ムック )
発売日 2009.2
定価 ¥680 (本体 : ¥648)
ISBN 978-4-10-790028-9

ようやく、大阪。

大阪とその近辺で言えば、東西を走る路線は充実しているのに、南北を結ぶには一度大阪に出る必要があった。
それが、縦の線が少しずつだが東側へ延びてきているような気がする。
大阪東線が新大阪駅まで延びたら、当地からは京都駅へ出るより便利になるかもしれない。

関西全体に私鉄が発達しているから、当然本書もJRばかりとはいかぬ。

また、大阪市営の地下鉄は、私鉄と相互乗り入れして郊外まで延びている。かなり東西南北きれいに交差していて、東京の地下鉄と比べると分かりやすい。

今は全廃した大阪市電路線図もある。市内に住んでいた頃は、随分とお世話になった。
そういえば、トロリーバスもあったなぁ。意外と路線は少なかったのだ。「杭全町行き」というのが、読めなかったっけ(正解は「くまたちょう」)。


日本鉄道旅行地図帳:大阪

|

« 鯖街道口 | トップページ | たま駅長と猫づくし電車 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>そういえば、トロリーバスもあったなぁ。

  ありましたねえ~!幼稚園まで市内に住んでいたの
  で覚えています。子供心に不思議な乗り物でした☆
  
  それに、難読地名の宝庫でしたね、大阪は!

  初めて阪急電車に乗って豊中に行った時、覚えた
  ての漢字”十三”を見つけ大声で「じゅうさん!」
  と言ったこと、今でも母がおかしげに言います。
    ~ホントは、”じゅうそう”なのにね~

投稿: ぺっぺ | 2009.03.03 20:11

ぺっぺさん、お久しぶりです。

トロリーバスを、ご存じですか。
「大阪のトロリーバスは、全国の都市交通の中でも、最大の路線数 営業キロであった。」と言いますが、全部で7路線ほどでそんなにたくさんあるとは言えないような気がします。

最近、メンバーの二番目の若手?お二人が、ここを訪れて下さっていますよ。

投稿: | 2009.03.03 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/44224958

この記事へのトラックバック一覧です: 日本鉄道旅行地図帳10号 大阪:

« 鯖街道口 | トップページ | たま駅長と猫づくし電車 »