« 月命日:夢での出会い | トップページ | IC乗車券の専用機増加へのとまどい »

2009.06.28

「ひかり」は西へ……

「ひかりは西に」だったか、「ひかりは西へ」だったか?

だが今や、「のぞみ」がのさばってしまって、「ひかり」のかげが薄いような。
東海道新幹線の「ひかり」に乗ったのは、何年ぶりだろうか?
「ひかり」と言えば、山陽新幹線の「レールスター」しか思い浮かばないようになってしまった。「ひかり」って、座席が4列だよね、というのもレールスターからの思い込み?(そのくせ、Eを予約しているんだから、何してるんだか)

また、駅によっては1時間に1本しか停車しない。そのせいか、「のぞみ」に比べて込んでいるような気がする。しかも、各駅で通過待ちの多いこと。従って、時間がかかるという結果になる。

それよりも、10分ごとに来る「のぞみ」に比べて、うっかり乗り損ねたら大変なことになりそうで、緊張する。(もっとも、頻繁に来る列車というのも、乗り間違えそうで違う緊張感があるが)


京阪電車も中之島線が出来てから、急行が減って不便になった駅がある。


便利なダイヤというのは、何を基準にしたものだろう?



|

« 月命日:夢での出会い | トップページ | IC乗車券の専用機増加へのとまどい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/45476646

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひかり」は西へ……:

« 月命日:夢での出会い | トップページ | IC乗車券の専用機増加へのとまどい »