« 新型東北新幹線 | トップページ | 芦原すなお【嫁洗い池】 »

2009.06.18

天野川

今朝は、結構渋滞していた。
目的地へあと少しのところで、バイパスに出る。その信号の左側にあるのが、天野川。右は京街道だ。
だが、川の堤防はやや高く、昔はどういう風に橋が架かっていたのだろう。

天野川の、案内板がある。このあたりが狩り場であったことなど書かれている。運転席のつれ合いが、在原業平のうたを読んでいる。

「業平がお仕えした親王さんって、誰だったっけ?」
思い出せない。

到着先でその話をすると、「惟喬親王」という答えが返ってきた。そうだった!
そのうち業平の桜の歌の話題になる。思い出せない。
一人が、何故か返歌を思い出した。

手洗いに行く途中で、突然思い出す。

世の中に
絶えて桜のなかりせば
春の心は のどけからまし
返歌
散ればこそ
いとど桜はめでたけれ
憂き世になにか 久しかるべし

これらの歌は、渚の院近くで詠まれたものだという。


それはそうと、どうも 思い出せないことが多くなっている。


|

« 新型東北新幹線 | トップページ | 芦原すなお【嫁洗い池】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/45377827

この記事へのトラックバック一覧です: 天野川:

« 新型東北新幹線 | トップページ | 芦原すなお【嫁洗い池】 »