« 木谷恭介【特急 ひだ3号 30秒の死角】 | トップページ | ゲリラ雨 »

2009.07.27

月命日:記憶とは

ちょうど一月前の、今日。

待ち合わせて、友人と昼食を一緒にした。
その時彼女は、
「午前中は、お墓参りに行ってらっしゃったのですか?」
と、聞いてきた。

彼女と知り合って、まだ5年経っていないのではなかろうか。
取り立てて、家庭の話をしたこともない。当然、命日を告げたこともない。

いつの頃だったか、ここのことを話した、いやメールで告げたのだったろうか。

それ以来、ほぼ毎日訪ねてくれている。

そして、会ったこともない友人の息子に、思いを寄せてくれている。

ありがたいことである。

そうした形で、生きていたことが思い出していただけるのであれば、ここを続けている意味もあるのかもしれない。


|

« 木谷恭介【特急 ひだ3号 30秒の死角】 | トップページ | ゲリラ雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/45755830

この記事へのトラックバック一覧です: 月命日:記憶とは:

« 木谷恭介【特急 ひだ3号 30秒の死角】 | トップページ | ゲリラ雨 »