« 月命日:記憶とは | トップページ | 島田荘司【最後の一球】 »

2009.07.28

ゲリラ雨

出がけは晴れていても、途中で大雨に遭うことが多い。

日曜日も、そんな天気だった。
出るときは暑い晴天で、日傘が必要だと思われた。
ところが、昼食のために立ち寄ったレストランで、ふと外を見ると土砂降りになっている。まさに、バケツをひっくり返したような、大雨だ。だがそれもわずかな時間で、まもなく日が差してくる。

表へ出ると、あちこちに水たまりが出来ていた。

こんな天気が、ここ何日か続いている。


昨年も、ちょうど八月初めの東京で、ゲリラ雨にあった。あのときは地下鉄の入り口へ行くため、道路を横断する必要があったのだが、すでに道は川と化していた。
マンホールがあふれてなくなった方が出た地域の、ほんの近くだった。


大雨の時間が長く、被害が出ている地域の方には、何とも申し上げようがない。




|

« 月命日:記憶とは | トップページ | 島田荘司【最後の一球】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/45756390

この記事へのトラックバック一覧です: ゲリラ雨:

« 月命日:記憶とは | トップページ | 島田荘司【最後の一球】 »