« モバイルSuicaを試してみる | トップページ | ほぼ日手帳2010 申し込み »

2009.08.30

和久峻三【ロシアンルーレットの女】

ロシアンルーレットの女

和久 峻三〔著〕
出版 青樹社(青樹社文庫)
発売日 1999.12
定価 ¥580 (本体 : ¥552)
ISBN 4-7913-1187-6

女性検事朝霧真紀枝が華麗に推理する傑作法廷ミステリー4作を集めた短編集。大邸宅に忍びこんだ脱獄犯を待ちうけるリボルバーを持った美女の真意とは…? 高校時代に駈け落ちした相手の女性との再会の結末は…? 短編の醍醐味を十分に活かした作品群。

和久峻三氏と言えば、飛騨の赤カブ検事。そして赤カブ検事と言えば、フランキー堺。それ以外は、知らない。
これもチョイわけあり本だが、読了。

だが、表題作「ロシアンルーレットの女」に、女性検事朝霧真紀枝の活躍というのはみられない。そっくりな二人のうち、リボルバーをヒロインの美女が復讐を誓った男の最後は、あまりにもあっけなかった。裏は何もなさそうだ。

「たそがれの殺意」
「密室の探検」
が、朝霧真紀枝もの。

もう一編
「悪女のたしなみ」
を、収録。

いずれも、少々物足りない。


ロシアンルーレットの女


|

« モバイルSuicaを試してみる | トップページ | ほぼ日手帳2010 申し込み »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/46075285

この記事へのトラックバック一覧です: 和久峻三【ロシアンルーレットの女】:

« モバイルSuicaを試してみる | トップページ | ほぼ日手帳2010 申し込み »