« 私本管理とカスペルスキー | トップページ | 関口尚【空をつかむまで】 »

2009.08.22

中也とみすず

山口県が生んだ二人の詩人、中原中也と金子みすず。
二人とも、随分若くして亡くなっているが(註)、思いがけないところに接点があった。
(註) 中也30歳、みすず26歳。


筆とりて手習いさせし我母は
今は我より拙しといふ

これは、1920年に「婦人画報」に投稿して入選した歌だ。わずか13歳である。


また、同じ「婦人画報」1923年9月号には、金子みすゞの『おとむらひ』という詩が掲載されている。選者は、西条八十である。


中原中也生誕の地
写真は、山口市湯田温泉の中也生誕の地。
中也記念館になっている。


二人が直接会ったことは、一度もない。



|

« 私本管理とカスペルスキー | トップページ | 関口尚【空をつかむまで】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/45997617

この記事へのトラックバック一覧です: 中也とみすず:

« 私本管理とカスペルスキー | トップページ | 関口尚【空をつかむまで】 »