« 天才“長嶋”と 努力の人“王” | トップページ | ブクログ再導入 »

2009.09.24

「ニーモシネ」というノート

【ノートは表だけ使いなさい】の著者、石川 悟司氏が開発されたノート。

しかし、本書にこのノートの名前は一切出てこない。

それでも、氏はノートの使い方について、提言しておられる。そして、それがまさに、このニーモシネというノートなのだ。

面白いのが、横向きに使うという発想。しかし、これは氏の独創ではなく、すでに和田哲也氏はこの発売より前からそれを実践しておられる。

A4方眼のリングノートだけでなく、無地もある。また、同じ仕様のA5版もある。会議などでは、この方が場所を取らなくていいだろう。

他に、思いついたことをサッとメモれるA7版もある。


しかし、これらはすでにロディアでも使えるのではなかろうか。実は自分は、ロディアの19番を横書きで使っている。マインドマップのような使い方が出来るからだ。

このノートに惹かれるものはあるが、ロディア的だということで、今回はパスだ。但し、A5版は会議録としてよさそうなので、今後使うかもしれない。


和田氏の仰る、「ピッ、ササッ」といった、ストレスのない切り方が出来るかどうかは、こうしたノートやメモ帳の場合、重要なポイントとなる。よく似た仕様のメモ帳でも、切る場面でうまくいかないことも多いからだ。


このニーモシネは、信頼文具舗で、扱っておられます。
ニーモシネのページは、こちらです。


|

« 天才“長嶋”と 努力の人“王” | トップページ | ブクログ再導入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/46299502

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニーモシネ」というノート:

« 天才“長嶋”と 努力の人“王” | トップページ | ブクログ再導入 »