« 【手帳300%活用術】 | トップページ | 今年の漢字 »

2009.12.10

京のぶぶづけ

【ぶぶ漬けでもどうどす?】京の本音 察しておくれやす(asahi.com ますます勝手に関西遺産)

「京の茶漬け」に関しては、諸説あるようだ。
だが、「ぶぶづけ」も「どす」(という言葉)も「おばんざい」も、知らない京都在住者が多くなってきたという。


たしかに、市田ひろみの緑茶のCMは面白かったな。

 私は玄関先で、お客を「今、おいしいお茶入れますさかいに。新幹線? そんなの待たしておいたらよろしいがな」と引きとめます。でも、私の横には「はよ帰って」という意味を込めて、座敷ぼうきが逆さに立ててありました。本音と建前をユーモアで表現した、この京風のCMは大ヒットしました。

『新幹線? そんなん待たせといたらよろし』的言い方は、よくある。
それに、「京都的いけず」も、健在だ。
と思うのは、涼だけ?


ま、

「食べてほしいのか違うのか、洗練された大人なら雰囲気で察知しなさいということ」
であろう。



|

« 【手帳300%活用術】 | トップページ | 今年の漢字 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/46980869

この記事へのトラックバック一覧です: 京のぶぶづけ:

« 【手帳300%活用術】 | トップページ | 今年の漢字 »