« たま駅長が執行役員 | トップページ | 今年の抱負?? »

2010.01.08

東野圭吾【新参者】

新参者

Photo

東野 圭吾著
税込価格: ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
出版 : 講談社
サイズ : 20cm / 348p
ISBN : 978-4-06-215771-1
発行年月 : 2009.9

江戸の匂いも残る日本橋の一角で発見された、ひとり暮らしの40代女性の絞殺死体。彼女に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。

これまでの東野作品とは、少し変わっている。

帯には、

「こんなことが
出来ればいいなと思った。
でも出来るとは
思わなかった」
東野圭吾
とある。

それが本書の形を意味しているのかどうかは、判らない。
だが、一つの事件を軸に、周辺の人とのエピソードをオムニバス風につないでいく手法は、成功していると思う。

同じく帯に、

着任したての刑事・加賀恭一郎の前にたちはだかるのは、
人情という名の謎。
とあって、加賀が人情でつながった人たちのガードに苦労する話かと思った。

しかしそれはまったく反対で、一つ一つの家庭の事情を加賀があぶり出していく中で見えてくる『人情』なのだった。

読み進める内に、ひょっとしたら犯人などいないのではないか、殺人そのものが嘘だったのではないかとまで思えてくる。
そんな中、加賀の捜査は着々と進む。
コロンボ張りの聞き込みを重ねて行き、最後は捜査一課の刑事の人情までをも狩り出して、真相に迫るのだった。


いやー、かっこいいです>加賀さん

その一課の刑事上杉に
「あんた、一体何者なんだ?」
と聞かれて答える、最後の決めゼリフ!

「何者でもありません。この町では、ただの新参者です」


一つ一つのエピソード(内容)については、別記事にて。
新参者
2009年9月18日第1刷発行

10日追記
ぶんぶんさんの今年最初の読書は「新参者」と、
Tompeiさんの『新参者』(東野圭吾)に、
トラックバックさせて頂きました。

20日追記
半兵衛さんの、新参者(東野圭吾/講談社)に、トラックバックさせて頂きました。


|

« たま駅長が執行役員 | トップページ | 今年の抱負?? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

文庫本になるのを待っていようかと思っていたのですが、評判がいいのでとうとう我慢できずに購入して今日読みました。TBさせていただきました。

投稿: ぶんぶん | 2010.01.09 21:30

TBありがとうございます。
オムニバス形式がうまくまとまっていますよね。
家族の絆や下町の人情をテーマにしている点は宮部作品にも通じるところがあります。
かっこいい加賀さん、涼さんはどんな俳優をイメージしましたか?

投稿: Tompei | 2010.01.09 23:52

ぶんぶんさん、おはようございます。

そう、いつもだと文庫化待ちなのですが、この本は発売早々買いました。
はい、加賀さんファンですから(笑)

投稿: | 2010.01.10 10:23

Tompeiさん、おはようございます。

実は本書の加賀さん、これまでと少し違う印象もするのです。
学生時代の加賀に出会って?惚れ込み、以来教師時代やかなり進んだ恋愛経験も経ての、ちょっと老成した感じがしないでもないですね。

俳優のイメージですか?
若い人を殆ど知らないから。まぁ、時代をさかのぼれば意中の人はいるのですけれど……

投稿: | 2010.01.10 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/47234685

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾【新参者】:

» 今年最初の読書は「新参者」 [Fancy Pet]
お正月もいつの間にやら松の内を過ぎ、もう9日!目標はとりあえず3日坊主にはなっておりません(今のところ^^;) さて、その目標の一つである、読書。 お仲間のココとコチラでも書評が良くて、ずっと気になっ... [続きを読む]

受信: 2010.01.09 21:26

« たま駅長が執行役員 | トップページ | 今年の抱負?? »